不動産投資の疑問やポイントなどをご紹介しています

不動産は収益と共に価値が下落しにくい

不動産は価値が下落しにくい 不動産投資を行う上で、いくつかその物件の選択に関して気をつけておくべきポイントがあります。その一つが、その土地に関する将来性という面が挙げられます。バブル期のように、どこの土地であっても勝手に値上がりしていくという現象は起こることがなく、そのためその土地選びは慎重に行う必要があると言えます。
例えば、地方などではその差が顕著であり、今後の交通網の発展なども予測しながら選ばなければなりません。今は地方都市であっても、今後通勤圏が広がるような交通網の拡張が予定されているのであれば、その不動産価値並びに賃料は下落しにくいという傾向があります。基本的に、上物である建物の価値というのは、古くなればなるほでその価値は下落していきます。
しかし、土地に関しては古い、新しいということは全く関係なく、純粋にその土地の持つメリットによりその価値が判断されます。したがって、売却する際にも土地の価格がその不動産価格を下支えしてくれることにもつながります。

不動産の価値があがるポイント

不動産の価値があがるポイント 不動産の価値があがるとされるポイントがいくつかあります。不動産は土地と建物に大きく分けられますが、まず土地の場合は、毎年国税庁が発表する路線価が参考になっています。土地と隣接している道路には金額が課せられており、路線価に基づく土地価格は、この金額と土地の広さにより算出されます。これだけで土地の価格が決定するわけではないですが、影響はあると言われています。
また、その土地に建物がある場合は、そのまま住めたり使用可能な建物であると、その点が考慮されて土地の価格があがる可能性があります。そして、近隣にスーパーやコンビニ、病院や学校などがあると、便利だという点から価値は高まります。それから、建物も周辺環境で価値が左右され、住宅の場合は駅や学校、商業施設が近くにあることがあがるポイントです。
商業ビルは、駅やオフィス街に近い、飲食街が近くにあるとあがりやすくなると言われています。さらに、建物の場合は築年数も価値に影響してきます。

新着情報

◎2018/5/8

利回りを把握し資金計画を立てる
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産の生前贈与はお得?
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

大手VS地域密着型店舗!
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

収益用不動産の節税効果
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

投資の注目ポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 価値」
に関連するツイート
Twitter