大手VS地域密着型店舗!

大手VS地域密着型店舗!不動産選びはどちらに頼ればいいの?

大手VS地域密着型店舗! 不動産を選ぶとき大手と地域密着型店舗ではそれぞれ特徴や対応が異なります。
大手の不動産会社では企業規模が大きいことから扱っている新着物件の数も豊富にあるため条件に合ったところを選択しやすくなります。支店数も多いため地域の特性に応じた不動産選びを行うことができます。広告宣伝も充実しているためより多くの人々の目に触れられる機会が多くなります。またお得なポイントの付与や各種キャンペーンなども積極的に実施しているのも大手ならではです。
一方地域密着型店舗では取り扱う不動産の数は大手ほど多くはないですが長年地域に根付いた活動を行ってきているため必然的にオーナーさんとも懇意にしているため売買交渉や値下げ交渉などが有利に働く場合があります。また基本情報以外にも地域に特化した利点やお得な情報などを詳しく教えてくれるため判断材料の大きな一つとなります。
このように大手と地域密着型店舗ではそれぞれ利点が異なりますので何を重視するのかを明確にしてどちらを頼るべきかを判断するとよいでしょう。

不動産は評価の指標が多い

不動産は評価の指標が多い 不動産を投資目的で購入する場合には、その物件を評価する上での指標が多いことを踏まえて、意図しているイメージと用語が合致しているかどうかを常に確認する姿勢を持つことが重要です。
たとえば投資向けの賃貸マンションなどの不動産物件の収益率を知るための指標として利回りがありますが、これには詳しく見ると表面利回りと実質利回りのふたつの種類があります。表面利回りは単純に賃料収入をその物件の購入価格で割った割合ですが、購入すると毎月の管理費や固定資産税などの費用がかかるため、実際にはそれほどの収益にはならない可能性があります。
そこで登場するのが実質利回りで、賃料収入からこれらの経費を差し引いたものを使って値を求め、より正確を期しています。ほかにも賃料収入自体にも満室想定の状態をベースとするのか、それとも空室率や家賃滞納を加味するのかによって違いがあり、それぞれ満室想定賃料収入、実効賃料収入などの区別がありますので、注意して確認することが必要です。

新着情報

◎2018/5/8

利回りを把握し資金計画を立てる
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産の生前贈与はお得?
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

大手VS地域密着型店舗!
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

収益用不動産の節税効果
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

投資の注目ポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 大手」
に関連するツイート
Twitter