大手VS地域密着型店舗!

大手VS地域密着型店舗!不動産選びはどちらに頼ればいいの?

大手VS地域密着型店舗! 不動産を選ぶとき大手と地域密着型店舗ではそれぞれ特徴や対応が異なります。
大手の不動産会社では企業規模が大きいことから扱っている新着物件の数も豊富にあるため条件に合ったところを選択しやすくなります。支店数も多いため地域の特性に応じた不動産選びを行うことができます。広告宣伝も充実しているためより多くの人々の目に触れられる機会が多くなります。またお得なポイントの付与や各種キャンペーンなども積極的に実施しているのも大手ならではです。
一方地域密着型店舗では取り扱う不動産の数は大手ほど多くはないですが長年地域に根付いた活動を行ってきているため必然的にオーナーさんとも懇意にしているため売買交渉や値下げ交渉などが有利に働く場合があります。また基本情報以外にも地域に特化した利点やお得な情報などを詳しく教えてくれるため判断材料の大きな一つとなります。
このように大手と地域密着型店舗ではそれぞれ利点が異なりますので何を重視するのかを明確にしてどちらを頼るべきかを判断するとよいでしょう。

不動産は評価の指標が多い

不動産は評価の指標が多い 不動産を投資目的で購入する場合には、その物件を評価する上での指標が多いことを踏まえて、意図しているイメージと用語が合致しているかどうかを常に確認する姿勢を持つことが重要です。
たとえば投資向けの賃貸マンションなどの不動産物件の収益率を知るための指標として利回りがありますが、これには詳しく見ると表面利回りと実質利回りのふたつの種類があります。表面利回りは単純に賃料収入をその物件の購入価格で割った割合ですが、購入すると毎月の管理費や固定資産税などの費用がかかるため、実際にはそれほどの収益にはならない可能性があります。
そこで登場するのが実質利回りで、賃料収入からこれらの経費を差し引いたものを使って値を求め、より正確を期しています。ほかにも賃料収入自体にも満室想定の状態をベースとするのか、それとも空室率や家賃滞納を加味するのかによって違いがあり、それぞれ満室想定賃料収入、実効賃料収入などの区別がありますので、注意して確認することが必要です。

新着情報

◎2018/5/8

利回りを把握し資金計画を立てる
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産の生前贈与はお得?
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

大手VS地域密着型店舗!
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

収益用不動産の節税効果
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

投資の注目ポイント
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 大手」
に関連するツイート
Twitter

例えばコロナの影響を最も受けているセクターは、石油関連、航空、クルージング、観光業界、ホテル、商業不動産などである。一方でGAFA+マイクロソフト5社の時価総額が東証一部2100社の時価総額を上回るなど米IT大手の事業は、堅調。

不動産業界で童貞は3人ほどお見かけしたことがございます。やはり共通点がございます。まず人の話の掘り下げ方が圧倒的に下手っていうかまずしようという考えすらないように思えるので懇親会なども私が永遠に質問マシーンになっています。あと皆様大手にお勤めです。

返信先:@catfoodmami この費用自体、日本の文化で不動産の収入ですからねー。大手だと誤魔化してくるし。 あと東京だと更新料も気にしないと…😰

返信先:@yume8izumi 大手不動産会社、B2Cな不動産会社だと、その辺の社員研修をしっかりしてるから、そういう問題ツイートをリツイートすることも少ないんだろうが、ファンド界隈でB2Bな不動産業界人だと、その辺の脇が甘いのかも。

関東圏のTOHOがいちばんの大手なのにまだ営業再開しないのは自社物件で家賃の心配がない(不動産業務がメインで映画館はサブ)のと、すぐに再開しても旧作上映だと通常の鑑賞料金を取れなくて儲けにならないしかえって従業員に払う人件費が高くつくから、という腹積もりから…なのだろうな~

実名でリツイートした人は流石に居なかったと思うが、然るべき手続きを踏めば、リツイートした人のプロフィールとか開示されちゃう訳で、その人が大手不動産社員だと身バレしたら社会問題、新聞案件になって懲戒処分な訳でして。

そういうツイッター利用者の「脇の甘さ」が、行政によるSNSへの介入を産む。木村花事件を見よ/大手不動産社員とかが、その問題ツイートをリツイートしてることがバレると、即刻社会問題だろうな。

返信先:@manabubannai 東京本社だけで、年間家賃が数億している企業。 踏み切る良いチャンスなんだけどな💡 日本の場合、その辺りのオフィスの多くは三菱地所や三井不動産のような大手が運営しているから、色々大人の事情もあって出れない企業も多かったはず👀

中堅不動産デベロッパーが今後衰退する理由 【マクロ要因】 ・人口減少による需要の減退 ・業界の寡占化 ・長期的な金利上昇 【ミクロ要因】 ・超大手のモノマネが殆ど ・事業が分散し過ぎている ・強みのある領域、商品ブランドがない ・事業ポートフォリオが日本に偏向 ・社員の自意識が高すぎる

Twitter長井 不動産×国際業務@NagaiMinoru1

返信 リツイート2 10:52

投資用と居住用ローンの違い😌 投資用の特徴💹 ①変動一択(固定はコスト高杉君) ②メガ銀は不可(富裕層のみ/一流企業だあ〜オラつき不可) ③大手不動産業者は銀行とのパイプ◎ ④居住用は賃貸転用不可(融資条件違反) ⑤居住用より金利高⤴️ 一般リーマンなら、今は最安で金利1.5%位ですね😌

Twitter港区リーマン@億り人への道@minatokumoney

返信 リツイート 10:49